機内持ち込み手荷物

機内持ち込みが可能なアイテム、機内持ち込みが可能な手荷物の大きさと重量、機内持ち込みが可能な個数についてご確認ください。これらの規定を順守していただくことにより、ご搭乗が円滑となり、機内でより快適にお過ごしいただけます。

ご利用クラス別機内持ち込み手荷物個数

ご利用いただくクラスにより、1個または2個の手荷物を機内に持ち込むことが可能です。

  エコノミークラス プレミアムエコノミークラス ビジネスクラス¹
個数 機内持ち込み手荷物1個 機内持ち込み手荷物1個 機内持ち込み手荷物2個
重量 最大8kg 最大8kg 最大8kg
サイズ 最大55 x 40 x 23cm 最大55 x 40 x 23cm 最大55 x 40 x 23cm

1 = 機内持ち込み手荷物は、航空機の機種および/または国の規制当局が定めた安全要件に基づき、例外的にビジネスクラスのお客様に対しても1個に制限される場合があります。

A man checks the size of his hand luggage at the airport

機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物の重量とサイズは空港にて確認され、必要だと判断された場合には、受託手荷物としてお預けいただくことになります。無料手荷物許容量を超える手荷物をお預かりする場合は、超過手荷物料金が発生します。これらの料金は、チェックイン時の通常料金よりも割高となることにご注意ください。

機内持ち込み手荷物の代わりに、57 x 54 x 15cmの折りたたみ式ガーメントバッグを持ち込むことも可能です。

航空機の機種により、一部のフライトでは、機内持ち込み手荷物を貨物倉に収納しなければならない場合があります。

Man with laptop bag

身の回り品

機内持ち込み手荷物に加えて、サイズが最大で40 x 30 x 10cm の身の回り品を1個機内に持ち込むことができます。例:ハンドバッグ、旅行用ポーチ、ノートパソコン用バッグなど。

機内持ち込み手荷物を貨物倉に収納する必要が生じた場合に備えて、個人文書や書類、常用薬、貴重品などは身の回り品の中に入れるようにしてください。

Young father with his child on the airplane

ベビーコット/チャイルドシート

2歳未満のお子様をお連れのお客様は、重量が最大10㎏のベビーコット、チャイルドシート、または折りたたみ式ベビーカーを携帯することができます。

折りたたみ式ベビーカーは、ベビーカーとしての形を留めないよう適切に折りたたまれた状態で、許可された手荷物の一部として機内にお持ち込みいただけます。

機内持ち込み手荷物の正しい収納の仕方について

快適なご旅行と機内でのスペースを広く保つために、手荷物はお座席の頭上の収納スペースに収納してください。身の回り品は前方座席の下に収納してください。前方座席の衣服用フックは、上着などを掛けておくためにご利用ください。非常口列の座席は、安全上の理由から前の座席の下に手荷物を収納することができないため、この部分の頭上の手荷物収納スペースを非常口列の座席にお座りのお客様専用とさせていただきます。

機内持ち込み可能な液体物について

Illustration of liquids to be carried in hand luggage

100mlの容器

100ml以下の容器に入った液体物は、再利用可能な1リットル以下の透明なビニール袋(ジッパー付き袋など)に入れて、機内持ち込み手荷物の一部としてお持ち込みいただけます。

  • 実際の容量ではなく、容器に記載されている容量が適用されることに注意してください。
  • 機内持ち込みできる液体物用ビニール袋はお一人様につき1つです。
  • 液体物には、ペースト、ローション、液体と固体の混合物、歯みがき粉、ヘアジェル、飲料、スープ、シロップ、香水、ひげそりクリーム、その他同様の粘度の内容物やスプレー、噴霧器(エアゾール)、ジェルなどが含まれます。
Illustration of special foods and medicines

常用薬および特別な食品

機内で必要な医薬品および特別な食品(例:ベビーフード)は、ビニール袋に入れずに持ち込むことができますが、空港の手荷物検査場で検査係員に提示する必要があります。

Illustration of duty free identification in hand luggage

免税品

免税品は、免税店にて密封した免税品袋に入れられたままの状態で機内にお持ち込みください。

他のすべての液体は、受託手荷物としてお預けいただくか、または空港の手荷物検査場において没収・廃棄処分となります。

詳細については、液体物の機内持ち込み制限に関する資料(PDF形式、350kB)を参照してください。

アメリカ合衆国および南アフリカ共和国への入国に際しての注意事項

前述の規定は米国行きのフライトにも適用されます。米国行きの乗り継ぎ便をご利用の場合は、標準の液体物用ビニール袋に入れることができるのは、透明、半透明、または薄い色付き容器のみであることにご注意ください。米国の空港では、金属製の容器または不透明な容器に入った液体の手荷物検査は技術的に不可能であるため、それらの容器に入った液体物は受託手荷物としてお預けいただく必要があります。

禁止品目および危険物の一覧もご確認ください。

南アフリカ発のフライトと南アフリカ国内線のフライトには、特別な手荷物規制が適用されます。エコノミークラスは、手荷物1個(最大56 x 36 x 23cm、最大重量7kg)と薄いノートパソコン用バッグを1個機内にお持ち込みいただけます。ビジネスクラスは、手荷物2個(最大56 x 36 x 23cm、最大重量7kg)と薄いノートパソコン用バッグを1個機内にお持ち込みいただけます。

こちらもどうぞ