Lufthansa ルフトハンザドイツ航空

Flight Planner

ルフトハンザグループにおいて旅客輸送業は中核業種です。傘下企業にはルフトハンザドイツ航空(ルフトハンザリージョナルとルフトハンザイタリアを含む)、オーストリア航空、ブリティッシュミッドランド航空(bmi)、スイスインターナショナルエアラインズ、ジャーマンウイングスがあり、ブリュッセル航空、ジェットブルー航空、サンエクスプレス航空にも資本参加しています。


旅客輸送分野においてルフトハンザはヨーロッパにおける最大の航空会社の位置づけを強化し、世界規模のネットワーク拡充を目指します。ヨーロッパ内、そしてその他地域を結ぶあらゆる方面へ路線を拡げています。目標の実現のためにルフトハンザは3つの成長戦略を掲げています。

1つ目は、中期的に短距離路線と長距離路線のネットワークを拡大していきます。対費用効果の高いフランクフルト、ミュンヘン、チューリッヒ、ウィーン、ブリュッセルのハブ空港を拠点として拡大します。これにともないルフトハンザドイツ航空、スイスインターナショナルエアラインズ、オーストリア航空、bmi、ブリュッセル航空をあわせると4大陸104カ国274都市のネットワークが実現します。

2つ目は、提携航空会社との協力を拡大します。何よりも優先してスターアライアンスと連携して新規市場を開拓してゆきます。スターアライアンスの26の加盟航空会社は175カ国1077都市へ就航しています。スターアライアンスは今後も全世界的に拡大し、TAM航空、エーゲ航空、エアインディアの加盟が続きます。ルフトハンザグループ内においても地域間協定等に基づくその他の市場において就航してまいります。

3つ目は、ヨーロッパ内における航空会社の統合を進めます。最近ではオーストリア航空の吸収合併、またブリュッセル航空への資本参加をはじめとした、成長戦略に合致した路線に則り進めます。その結果ルフトハンザグループのマルチハブ・マルチブランド体制が確立されます。

www.lufthansa.com