ペットの輸送

ペットとご一緒に旅行にあたって

 EUが定めている動物保護規制と関連法(英語)をお読みになり、各国の輸出入規定に沿った必要文書をご用意くださいますようお願いします。

Please observe the relevant animal welfare regulations and legal requirements,  the valid import and export regulations of the respective countries and make sure you have all the necessary documents with you!

お客様の大切なペットの安全で快適な輸送のために、以下の項目についてご確認下さいますようお願いいたします。

  • 仔犬、仔猫は離乳後少なくとも12週間経過していること。
  • 同腹の仔犬、仔猫に限り最大3匹まで。各輸送用ケージを含めた重量は8kg以内。
  • それぞれ14kg以内の犬、猫はお互いが慣れている場合に限り2匹まで1つの輸送用ケージに入れることが出来る。ただし輸送ケージ内は十分なスペースが必要。

事前にお電話にてお知らせ下さい

  • ご旅行の際にペットの同伴をご予定されているお客様には、事前の申請が必要となりますので、航空券ご予約の際にお知らせ下さい。

ペット(犬・猫)を客室内に持ち込まれる場合

  • 小型の猫または犬を1匹、機内にお持ち込みいただくことが可能。
  • 十分に耐水性のあるケージに入れてお持込ください。飛行中は、ケージ内からお出しになれません。ケージの最大サイズは、椅子の下に保管できるよう、機内持ち込み手荷物の最大サイズと同様に、55cm × 40cm × 23cm以内、かつペットを含めた重量が8kg以下である必要があります。
  • ケージはお客様ご自身でご用意ください。

ペットを貨物室でお預かりする場合

  • 上記条件にあてはまらず、客室内にお連れになれないペットは、お客様と同じ便の気温・気圧等が調整された貨物室のスペースにてお預かりすることが可能です。ペットの健康状態が、旅行に適していることが条件となります。
  • ペットの航空輸送に適したケージをご用意いただき、ペットとケージを合わせた重量、ケージのサイズをお客様のご予約時にお知らせ下さい。貨物室のスペースを確保できるかを確認した上で、ペット輸送のご予約を承ります。

輸送料金

ペットの輸送にかかる料金は、輸送する動物のケージも含めての重量と大きさ、そしてご旅行ルートによって設定されています。小、中、大の3つのカテゴリーに分かれており、客室、貨物室共に同じ料金が適用されます。輸送料金に加え、発券手数料も承ります。(発券手数料は、ご出発空港によって異なります) 輸送料金表は、以下から該当するものをクリックしてください。

● 日本-ヨーロッパ間のフライト及びヨーロッパを経由した大陸間移動

 2011年6月1日以降に発券された航空券のペット 輸送料金

 東京-ウィーン間の使用機材ボーイング777は例外的にビジネスクラスへペットを持ち込む場合には事前に同意書にお客様のご署名を頂戴しております。エコノミークラスの座席と構造が異なり、お客様のお座席前にペットを置いていただくため、リクライニングのご利用が制限されるのと、飛行機の離発着時および乱気流を航行中には頭上の手荷物入れに収容することを承諾していただきます。事前手配を必要といたしますので、ご出発の72時間前までに同意書に必要事項をご記入の上、オーストリア航空日本支社 03-6402-9051へFAXにてお送り下さい。

 

盲導犬・聴導犬・介助犬

盲導犬・聴導犬・介助犬は、オーストリア航空運航便では、無料で機内にお連れいただくことができます。安全運航のための条件が充たされていることが前提となります。なお事前のご予約が必要となりますので、お客様のフライトのご予約時にお知らせ下さい。

オーストリア航空 コールセンター

フリーダイヤル 0120-961-786 (07:00~20:00/年中無休)