従価料金制度

従価料金制度

手荷物の賠償額には限度があります。高価な物を受託手荷物としてお預けになる場合には、搭乗手続き時に従価料金をお支払いいただくことにより、申告額まで賠償限度額を引き上げることができます。

システム上、遅くともご出発48時間前までにご申告いただきますようお願いいたします。

モントリオール条約(EC) No. 889/2002より

国際線およびオーストリア国内線でのご旅行中の手荷物の破損、損失、一部損失、および手荷物の遅配に対する最高補償限度額は1旅行につきお1人様当たり1131SDR(特別引出権)とされています。SDR とは国際通貨基金(IMF)の規定する特殊通貨単位で、1131SDR は現在約1135€に相当します(この金額は為替レートの変動により変わりますのでご注意ください)。高価な物品を受託手荷物としてお預けになる場合には、搭乗手続き時に従価料金をお支払いいただくことにより、賠償限度額を引き上げることが可能です。

申請につきましては遅くともご搭乗48時間前までにオンライン申請書の必要事項すべてにご記入、印刷いただき、 Fax +43 (0)5 1766-51043. までお送り願います。