当サイトはCookieを使用しています。
当サイトはお客様に最良のサービスがご提供できるようCookieを使用しており、それは言語設定や便検索情報を含みます。また、統計データは当ウェブサイトを最適化するために、またオンラインマーケティングのために収集されます。
詳細な情報
同意して閉じる

各国入国審査情報

ご出発される前に、訪問される国において入国時に必要となるビザ等の情報はご確認ください。外務省の海外安全ホームページで日本人のお客様に必要な情報を国別にご覧いただけます。
なお、日本のパスポートはオーストリア出国時に90日以上の残存有効期間が必要となりますのでご注意ください。詳細は渡航各国の大使館にご確認をお願いします。

オーストリア航空就航国の査証、出入国審査情報

上記以外の国へ訪問されるお客様は、外務省の海外安全ホームページよりご確認ください。

輸出入規制

肉類・乳製品等の取り扱いについて

EUへの肉類・乳製品等の持ち込みは、EC Regulation No. 745/2004に基づき禁止されております。

また日本への持ち込みも制限がございます。詳しくは農林水産省動物検疫所のホームページをご覧ください。

Data Collection and Data Transfer

Online input of additional APIS data for entry to the USA

For flights to the USA, airlines are legally obliged to transmit passenger data to the US authorities via the Advance Passenger Information System (APIS).
Besides the passport data, the following information is required:
Country of residence
Full first address during the stay in the USA: Number
Street
City
State
Zip Code


Austrian Airlines passengers booking online can enter the required additional APIS data directly in the booking process. If you do not have all the necessary information at the time of booking, you can add the missing details later.

This rule does not apply to passengers with a permanent resident permit ("green card") or to transit passengers!


With Austrian Web Check-in, you can enter the APIS data required for your next flight to the USA online. And you can print out your boarding pass there and then click here to go to Austrian Web Check-in.